地域共創(大崎×五反田LINK独自記事)

手話を楽しく学ぶ!手話の魅力を伝え、地域の福祉向上を目指す「品川手話サークル」

手話の学習や聴覚障害の問題の学習、聴覚障害者の方との交流を通じ、地域の福祉向上を目指す「品川手話サークル」。手話が未経験の方でも参加することができます。今回は、会長の白鳥さんをはじめとする会員の皆さまに、活動内容や手話の魅力・難しさについ...
第170号(2024.4.20発行)

品川区に今も残る伝統工芸(畳)

日本の伝統的な床材である畳。風合いや香りの良さはもちろんのこと、機能性が高く日本の住環境に合わせて今も進化を続けています。今回は畳職人の松井雅治(まついまさじ)さんに、畳の魅力や仕事内容についてお話を伺いました。 部屋ごとに採寸して...
地域共創(大崎×五反田LINK独自記事)

正しい情報発信と相談できる場をつくり、アレルギー疾患のある方が自分らしく生活できる社会を目指す。

アレルギー疾患の患者さんとご家族の生活の質が向上することを目指し、アレルギーに関する正しい理解を広める活動をする「NPO法人アレルギーの正しい理解をサポートするみんなの会」。代表の前田えりさんは、自身の子供にアレルギー疾患があったことをき...
第169号(2024.2.20発行)

品川区に今も残る伝統工芸(仏像彫刻)

仏教の尊像(仏様の姿をうつした像)を表現する仏像彫刻。仏像と聞くと大仏を想像してしまいますが、小さい仏像なら初心者でも彫ることができます。今回取材した仏師(ぶっし)の榎本宣道さんは、会社員として働きながら24歳のときに趣味で仏像彫刻をはじ...
地域共創(大崎×五反田LINK独自記事)

個性のでこぼこは当たり前!自分らしくいられる地域を目指す「でっこぼっこ」

品川区を中心に、子ども・保護者のサポートを通じて「その子らしさ」が尊重され、安心して暮らせるような地域社会の実現を目指す一般社団法人でっこぼっこ。活動への想いや活動内容について代表理事の駒崎圭子(こまざき けいこ)さんにお話を伺いました。...
第168号(2023.12.20発行)

品川区に今も残る伝統工芸(草木染手機織物)

木の皮、葉、花などの天然染料を用いる「草木染め」。染められた糸を「手機(てばた)」で丁寧に織ると、暖かみのある色合いの作品ができあがります。今回は、草木染め手機織作家の藤山千春さんと娘の優子さんにお話を伺いました。 二度と同じ色は出...
地域共創(大崎×五反田LINK独自記事)

大崎・五反田をこども達が暮らしやすい街に。ITをきっかけに地域を繋ぐモノプロしながわ。

一般社団法人モノづくりXプログラミング for Shinagawa(通称:モノプロしながわ)は、子ども達が暮らしやすい地域を目指し、ITを駆使して様々な支援活動を行っています。活動内容やモノプロしながわで実現したい夢について、代表理事の杉...
第167号(2023.10.20発行)

品川区に今も残る伝統工芸(江戸すだれ)

例年に比べ特に暑かった今年の夏、暑さ対策にすだれを活用された方もいらっしゃるのではないでしょうか。夏の風物詩であるすだれですが、最近は季節に関係なくインテリアとして楽しむ方が増えているようです。今回は江戸すだれ職人の鈴木祐二さんに、すだれ...
地域共創(大崎×五反田LINK独自記事)

イベントを子どもと一緒に楽しむ!父親達が運営する「おやじの会」

品川区立第三日野小学校に通う子どもたちの父親が2006年に結成した「品川区立第三日野小学校 おやじの会」。学校行事への参加や主催イベントを通じ、父親たちが楽しみながらさりげなく子どもたちに奉仕することを目的としたボランティア団体です。今回...
166号(2023.8.21発行)

品川区に今も残る伝統工芸(日本刺繍)

日本刺繍は、絹地に絹糸で施す刺繍のことを指します。フランスやインドなど、各国の伝統的な刺繍がある中、日本刺繍の特徴は絹糸ならではの繊細な色使いや柔らかさです。今回は、日本刺繍作家の笹原木実(ささはらこのみ)さんにお話を伺いました。 ...
タイトルとURLをコピーしました